Dabel でオ茶しましょ。関係性をつなぐツールとして使えると思います

南関町を応援するサイト、カフェーニュ~ミカワ 南関町のニュース記事

テレワークすすんでますか?

今、多くのオンライン会議用のアプリが開発されています。

そしてそれを利用して、なかなか会えない人と、オンライン飲み会を開くことも流行しつつあるみたいですね。

今一番使われているのは、Zoomになるのでしょうか。

ただZoomは「同時に会話」が難しいんですね。ですので、雑談が生まれにくく、優秀なファシリテーター(司会進行役)が必要という難点があります。

もう1つの問題が、参加することへのハードルですね。

毎日毎日どっかに部屋があって人がなんかいて、5分なり10分なり参加して「おつ〜」とか言ってちょっと飲んですぐログアウトして、でも明日もそこ行けるみたいなやつ、とってもいいですね。

これをもっと簡単にできるアプリがあるならば……

あります!

Dabelというアプリがありますよ。今回はこのDabelというアプリを紹介します。

Dabel: Live Audio Meetups

Dabel: Live Audio Meetups

Doki Doki Inc無料posted withアプリーチ

Dabelの優位性 参加へのハードルが低い

Dabelは顔がうつりません。音声のみ。

資料の共有みたいなことはできません。ただ、音声のみでよい会議もありますよね。

音声のみということで、これで参加へのハードルはだいぶ下がると思います。

さらにもっというと、会話のアーカイブが残るので、参加していない人に「これ聞いといて」ができます。これはアプリをダウンロードしていなくてもOKです。

山崎彰悟's 箸おじさん、dabelテスト×肉侍 on Dabel
#ヤマチク#竹の箸だけ#箸おじさん

聞いていただくと Dabel は音声が想像以上にクリアではないですか?こちらのアーカイブは、Androidスマホでも聞くことができます。

わちゃわちゃお話しなさっているのがとても楽しそうです。会話中に登場する「Candy」は、スナックキャンディ熊本のことですね。

ホストは、山崎さん。山崎さんが3代目を務めるヤマチクは、熊本県玉名郡南関町の企業さんです。

竹のお箸で、社員も地域も幸せにする。熊本の老舗企業「ヤマチク」の持続可能なものづくり | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD
私たちの食生活に欠かせない暮らしの道具、「お箸」。あなたは、毎日のように使っているそのお箸が、どんな素材からできているかを意識したことはあるだろうか。「箸」という漢字には竹冠がついているように、箸はもともと竹から作られていた。しかし、一般的に竹箸と聞くと100円均一ショップで売られているような安物の箸をイメージする人が...

Dabelが関係性をつなぐツールになりうるという指摘をなさっているのは、ゲストの熊本市北区植木町の果物屋さんハナウタカジツのオーナーさんなのかな。

これはとても重要な指摘だと思います。

Voicy や Podcast も聞くけど意識高いのがちょっと疲れるっていう指摘も笑ったです。

Dabel の使い方

こちらにありました。

【すでに旧バージョン】Dabelアプリの使い方(簡易版リスナー編)をつくっておく。(Ver 3.3.0)|佐原 誠|note
※オフィシャルの「Dabelの使い方(日本語版)」に寄稿することになりましたので、最新バージョンはオフィシャル版をご覧ください。 ・・・・・・ 以下は僕の備忘録としてDabelでの視聴方法をまとめたものです。 Dabel(ダベル)は音声を主体したライブストリーム(以下、トークとしておきます)をオンライン上で...

ただ、アプリをダウンロードして使ってみたほうが早いかもとは思います。アプリ内のボタン等は英語での表記ですが、なんとか使えるのではないかと。

Dabelで会話中に電話がかかってきて電話に出ても、Dabel側に聞こえるということはないようです。そこのところは大丈夫ですね。

残念ながら今のところAndroidではこのDabelはまだ使えないようです。これは開発者さんに頑張ってほしいです。

Dabel でオ茶しましょ。という記事でした。ぜひダウンロードなさってみてください。関係性をつないでいきましょう。

Dabel: Live Audio Meetups

Dabel: Live Audio Meetups

Doki Doki Inc無料posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました